ブランドワークス

Column

令 和

昨日、新元号が発表された。令和である。
       
 “初春の令月にして、気淑く風和らぎ、
              梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を香らす“
 
万葉集から取ったと言われる由来は見事な情感を謳っているではないか。ネーミングの専門家として音、意味、造形から見て見事なまでのネーミングである。決定までのプロセスはドラマチックであり、これだけ多くの国民が一つになったことだけでも凄いことと思われる。この国はこの集中力が強みなのだなとあらためて思った。
本来、中国の古典から取ることがこれまでの習いのようであったが、初めて日本オリジナルの原典から取ったことはこれも初めてである。気分的に中国ではないであろうと言うことは何となく想像できた。文化的に中国から離れたいと誰しも思っていたのではないか。そんなこともあり気分として、今回の元号に対してだれもが好意的にとらえたのであろう。
歴史的に中国と同等という視点でコトを捉えた人物は日本にこれまで二人いた気がする。
聖徳太子と菅原道真である、聖徳太子は日本は元来中国とは同等なのだと思った人物であり、菅原道真は学識的に日本は中国から学ぶことないと思った人物である。現在でもこの二人は特別の存在である。また、現代の感覚から見ると今の中国はどう見てもいただけないので心情的にその国の古典にさえも依存したくないというのは分からないではない。
 何日かすると令和に関する様々な意見がニュースショウなどでまことしやかに語られるであろう。1つは令和に関するいわゆるネーミング的問題を指摘する声、それからその決定方法についての疑問を指摘する声、また、そもそも元号など必要なのかという声、この際、天皇制や女性天皇についての議論をもっとすべきではないのかというような意見。ほとんどはこのコメンテーターならこのような声を発するのではないかというような意見ばかりであるが今回は多くの国民の賛意を得られたというような背景の中で“また、言っているな”というような感じの意見と受け取られたようだ。
 驚くべき事は元号が変わることにかこつけて詐欺を働く輩で、同じようなことはこれを期に歴史家としての自分を売り込むような東大教授がいたのには驚いた。この東大教授は朝日新聞に毎週、歴史的人物のコラムを書いているのだが、気になる人物が取り上げられた時だけは読んでいたのだが、書いているものの精緻感がなく読むのをやめてしまった。この人物どういうわけか、この度の元号に変わる際のコメンテーターとしていくつかのテレビ局に登場しており、この人がそうかと思ったのだがまさにこの人、本当に歴史家かと思うような印象を受けたものである。
 日本人は歴史が好きなので確かに歴史を面白く・・というより興味深く解説してくれる人なら、受け入れられるのではないかと思う。そのような人物は歴史学者と称する某氏もそうなのだがかれの話は聞いていて切り口の面白さや、語り口の真摯さから何となく信頼性と意外性があって面白いのだが例の東大教授はただの受けねらいの語り口とテーマの取り上げ方でこれを期にマスコミに売り込もうとしか思えない、なんとも底の浅い魂胆が見え隠れしてしまうのである。また、容貌もいただけない。要するにその魂胆が顔に出ているという感じなのだ。
歴史といえば書店では万葉集の売り切れが続出しているそうである。たしかに、認知率100%の本なのではあろうが誰もがそれを買ってまで読もうとはしない本なのではないか?この本は単行本でも何冊かのシリーズ本なのだが、その歌が書いてある一冊だけが売れているというのも時代の庶民感覚なのが面白い。私も急いで書棚を探したのだがどうにも見つからなかった、確かにあるはずなのだが。古今和歌集と勘違いしたのかな・・・?
 私の友人に万葉集が座右の書、そして折口信夫が尊敬する人物という本格的なデザイナーがいた。これは半世紀もまえの話なのだが今考えても精神的に仙人みたいな人であった。その点に関してこちらが全く俗な人間だったのでほとんど会話の糸口もなく何十年と付き合ってきたのだが多分、彼の方でも自分の趣味?に付き合える人物などがいるわけはないというスタンスだったのか別次元の興味で話を合わせていたのであろう。
 確かに全人格的に100%合う人物などというものはほとんどいないと思われる。たとえば会社の親友は会社という共通のテーマでのみ反りが合う人物であり、ゴルフ仲間はゴルフ、オートバイツーリングの仲間はそのカテゴリーのみの世界での友人なのだ。そう考えるとたとえば自分の奥さんはいろんな意味で共通の話題が一番ある人物なのであろう。だから、そのような人を失うということは自分の臓器を一つ失うくらいの痛みと喪失感を感じるのではないかと思う。
今から考えると万葉集というのはすごい歌集であることは間違いない。本来、歴史的にこれだけ古いものでいわゆる庶民の生の記録が残っている例というものは世界で他にないのではないか?それ以上に歌といういわゆる記録を超えた人間の感情が残っているものは、これもないのではないか?1300年前の人間の感情というものが残っているという点について凄いのである。それも一人だけではなく、あらゆる社会を構成しているすべての人間の感情を現代のわれわれが知ることができるのである。
今回の歌を詠んで何となく想像ができるが“梅は鏡前の粉を披き”というところだけはさっぱり見当がつかなかったが、このあたりは女性の化粧という事例を例にとっているので、作者は何となく高貴な女性なのではないかと思ったが大伴旅人ということだ。多分、白粉を顔につけている時、その白粉の粉が前にある鏡や、床や、着物にかかるのであろう。その白粉が庭にある白梅が開くさまと似ているのであろうか。そんなことを考えると当時の状況、この歌が生まれた発想などが想像できるというものである。この考が出た2日後に令和が始る!
                                文責:泉利治
2019年4月29日

Share on Facebook