ブランドワークス

Column

ワールドカップベスト16

 いや、おめでとう日本代表!と言いたい。昨日のゲームも見事の一語に尽きる。久しぶり戦略とは何かという生きた見本を見た気がした。日本人もここまで見事な戦略を打てるようになったのだという好例を示してくれた。或る評論家がサッカーの世界舞台で日本チームのナイーブな側面ばかりをみてきたので・・・というようなことを書いていたが、本当にそんな気がしたものである。単純な勧善懲悪がお好みの価値観では世界では勝てないということなのである。最近のこのナイーブな意志決定ばかりするクライアントがいてほとほと呆れていたので今回の日本代表の戦い方はこれこそグローバルと思った次第である。
これが大人の選択で反対者を子どもの見解とはいわないが、肉を切らせて骨を断つとはこのようなことなのだろう。
 今回の日本代表の行為は結局、決勝トーナメントに勝ち残れたという事実でもってかき消されるだろう。まず、完全に消し去るにはベスト8にまで残ることだろう。そして、それがずる賢さではなく、聡明な選択という判断という風に変わるにはベスト4にいきつくことだろう。そして、この判断が歴史をつくったと評価されるのは準決勝を戦った時だろう。今回の判断が世界の良識になるには日本代表が優勝した時である。
 私は睡眠不足を承知の上で真夜中のサッカーの中継を見るほど熱烈なサッカーファンではないが、ワールドカップに出場する一つ前のパラグァイとの試合が一瞬、何かのニュースで映し出された時、これはかっての日本チームではないと直感的に思ったのである。強いのではないかと思ったことは確かなのだが、それ以上に今までの日本代表には見られない機能が備わった気がしたのである。
 サッカーは個人競技ではなく団体競技であり、個人の技能以上に組織としてのチームの技能がそのチームの強さを決定する。私がニュースで垣間見た日本代表にはそれがあった。今回の判断はそのうえそのチームは頭脳をもっていることを証明したのである。 
私は事前のネット予想で準決勝まで勝ち進むに○をつけたが、後で結果を見るとそこにつけた人は一番少なかった、というのは優勝するに〇をつけた人はほぼ全員そう思ってつけた人はおらず、それを願っているという本来の調査目的とは別の次元でつけている人がほとんどと思われるので、そのような人と一緒にされたくないと思って準優勝に〇をつけたのである。
 しかし、これなども厳密に言うと客観性を欠いている。というのはコンペティターの状態を全く考慮していないからである。確かにあの段階で客観性のある判断をするとなれば32チームのそれを見ないといけないことになる。
 したがって、客観的な判断基準はFIFAランキングで判断されるのだろうが、ランキング第一位のドイツが決勝トーナメントに行けないことでその客観性も当てにできないことが分かった。それじゃ、と最近それを予想する最も信頼の高い方法は蛸に予想させるということなのであるが,蛸でもインコでもそんなことが話題になるということ自体がワールドカップの凄さなのであろう。

 私はこの戦略的判断の結果、日本代表は次のベルギー戦では無様な試合は出来ないだろうし、美談になるような名勝負をしないといけないことになったのである。そこにあるのは試合の結果ではなく、試合がどのくらいの感動的なことなのかということなのである。
 今の日本代表はサムライと言われている。サムライの本分は生きることではなく死ぬことにあるからなのだ。では、どの段階で死ぬことがサムライの本分なのかというと準決勝というのが私の予想なのであるが、その根拠は蛸よりは少し入り組んではいるが?
 最後に戦略とは何かというと明確な一つの目的、それを達成するための複数の目標、その目標を達成するための無数の手段で構成されたものである。私が知る限り、日本代表は優勝するための第一目標である決勝トーナメントに勝ち進むため、あの手段をとったというだけの話でそれがぶれなかったことである。今回、この2か月近いワールドカップを通して多くの人は滅多に体験することが出来ない、戦略の重要性を体験することになるであろう。とくに日本人はその当事者でもあるので多くの日本人がそれを学ぶことできることはありがたいことである。本文は、7月9日に掲載されるのでその時、どのような結果になっているのかが楽しみである。
 昨夜の日本代表の戦略的判断を見た時、私はすぐになでしこジャパンがロンドンオリンピックの際に移動距離が少ない二位通過を狙って引き分けに持ち込んだ判断をとやかく言われたことを思い出した。あの時も小ズルい日本のような言われ方をしたと思うが、結果どうだったのか?これも戦略の勝利なのである。

泉利治

Share on Facebook